オルタナ広告研究部

企業精神を写真にする。 – 夢に力を。力に夢を。 野村證券 2016/6/1 日経新聞広告15段 –

 

20160601_yumenichikarawo_a

 [2016/6/1 日本経済新聞 新聞広告15段 野村證券]

 

 

ボクは昔から商社や証券会社で働いている方のマインドが好きで、その世界にいる友人と食事をするのがとても楽しく良い刺激をもらっています。

 

 

就活の選考活動が解禁された今日(6月1日)、野村證券の新聞広告が掲載されていました。3月1日の伊藤忠商事のときと同じく、日経新聞には何かしらステキな広告があるだろうなと楽しみにしていました。

 

 

レンガを積むという仕事がある。

目的を知らずにただ積むのと、

橋をつくっていると知ってそれを積むのとでは、

絶対に出来上がりが違ってくるはずだ。

ある日、先輩がそう言った。

(コピー抜粋)

 

 

20160601_yumenichikarawo_b

 

 

20160601_yumenichikarawo_c

 

 

ものすごくシンプルで当たり前なんだけど、意外と気が付かないことだと思います。

 

 

ボクはそんなに頭が良くないので、「何のためにやっているか分からない作業」がとても嫌いでした。学生時代のアルバイトのときも、社会人1年目で配属されたときも。就業時間が早く過ぎないかななんてことも思っていました。

 

 

何のためにやっているのかという目的(ビジョン)を理解できたとき、それを達成したいという気持ちが現れ、自分がやるべきことが明確になる。やるべきことが明確になると結果はおのずと変わる。

目的が紐解けた時、人は顔つきも変わり、今まで経験してきたことポテンシャルが十二分に発揮することだってある。

 

そこから一歩進むと、上司や顧客から言われたことだけでなく、目的達成に向けての創意工夫を自分なりにするようにもなります。

 

 

 

 

ボクの広告クリエイティブの創作過程では、できる限りクライアントさんにクリエイティブを考えてもらうようにしています。

広告の目的や伝える内容はもちろん、時にはどんな写真を撮ってどんなデザインが良くてどんなコピーがいいかなど具体的なことも考えてもらうこともあります。

 

 

 

マーケティングが非常に難しくなった今、昨日今日出会ったクリエイターがちゃちゃっと作った表面上のビジュアルが広告として意味をなすことは困難になりました。

やっぱり自分たちのビジネスのことは、自分たちで考えて考えて考えて、本気で作戦を練って、また考えて、みんなで創っていくことが大切だと思います。そうして苦労して創ったぶんだけ、心が込もった広告ビジュアルになり、伝わる広告になると信じています。

ボクらはそれをお手伝いするくらいなんだなと考えています。

 

 

 

 

 

ビジネスをしていると小手先なことを考えたり行き当たりばったりな広告をしてみたりすることがついつい多くなってしまいがちですが、こういった企業精神をきちんと表現していくことはとても大切なことです。

「やってること」だけじゃなく「考えていること」を表現していけたら、もっともっと気持ちが伝わると思うんですよね。

 

 

 

たしかにそうかもしれない。

ビジョンとはそういうものかもしれない。

 

未来をつくるために

夢をもつひとには力が必要だ。

力をもつひとには夢が必要だ。

 

世界をすこしでも素晴らしいものにするために、

前を向いていこうと思う。

 

 

こんな広告を出せる企業だから、そこで働いている方と話すのが楽しいのかもしれないですね。そういった席で飲むお酒はとても美味しいです。

 

 

勉強になります。

 

 

 

 

野村證券 CMギャラリーサイト

http://www.nomura.co.jp/lp/cm/index.html?cid=bnr_219_top

 

 

 

 

posted : sajihideyasu

About

こんにちは。
オルタナクリエイツです。

オルタナクリエイツは、広告写真家・クリエイティブディレクター・経営戦略コンサルタント(中小企業診断士)の佐治秀保が主宰する、広告プロモーション活動を支援するクリエイティブ&コンサルティングオフィスです。

「ワクワクするような」をテーマに、経営目線におけるブランディングや広告プロモーション戦略・ビジュアル面の方針策定をはじめ、撮影・デザイン・コピーライティング・ロゴ制作・名刺・カタログ・Webサイトなどの実制作まで、ビジネスのクリエイティブ・パートナーとして活動しています。

Office & Studio Making Movie

Client Data

「クリエイター」×「中小企業診断士」の目で。

企業の経営戦略に、クリエイティブ戦略が重要視されるようになってきました。
しかし、実際にはクリエイティブについて苦手意識のある企業さんは多いように感じられます。

コンサルタントの国家資格である「中小企業診断士」は約26,000名の登録があるようですが、その中でクリエイター出身は数十人程度しか存在しないようで、まだまだ日本においてはクリエイティブと経営戦略はまだ少し距離があるように感じます。

ビジネスに有効であるクリエイティブな思考を経営戦略の視点に持ってくることで、実は解決できる課題が数多く存在しています。
クリエイターで中小企業診断士という一風変わった肩書きかもしれませんが、「ビジネスの役に立つ」クリエイティブを創出していきたいと考えています。

Profile

広告写真家 / クリエイティブディレクター / 経営戦略コンサルタント(中小企業診断士)

佐治秀保 - SAJIHIDEYASU


名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、(株)NTTデータ入社。約5年間、主に金融機関向けのシステム開発やITコンサル・企画などに携わる。その後、都内広告代理店のコマーシャルフォトスタジオにて広告やファッション写真家として3年間の修行・活動を経て独立。
2010年、バックパッカーで26ヵ国の世界一周。2011年より拠点を地元の名古屋に移し、写真と広告事務所NoThrow(ノースロー)設立。2016年クリエイティブ&コンサルティングオフィスとしてオルタナクリエイツ設立。
プロモーション戦略立案のスキルアップのため中小企業診断士資格取得。
美しいだけじゃない、企業さんのストーリーが伝わる写真や広告づくりを心掛けています。

<賞歴>
朝日広告賞月間賞
APAアワード2012入選

<保有資格>
中小企業診断士

<主な夢と目標>
・広告プロモーションの経験が少ない企業さんでも、戦略とクリエイティブでワクワクする広告やプロモーション活動ができるような環境をつくること。
・多くの方にクリエイティブが経営戦略に役に立つことやその重要性を知ってもらい、クリエイティブ思考を広めていくこと。
・写真やデザインが日本の義務教育になったらいいなと本気で思っています。

philosophy =「Alternative」

オルタナティブ(Alternative)とは、「型にはまらないもの・代案・既存のものと取ってかわる新しいもの」という意味を持ちます。

私自身、10代のころからオルタナティブ・ロックに心を打たれ魅了され続けておりますが、私もオルタナティブなクリエイティブ(創作)で広告物を見てくださった方にワクワクしてもらいたいと願っております。

ただ、残念ながら。

ひとつひとつ丁寧にクリエイティブに取り組ませていただいているため、残念ながら年間にお引き受けできる案件数はあまり多くありません。またコスト面も考え、最適な最小人員で取り組んでおります。ただし、お引き受けさせていただいた場合は精一杯お役に立てるよう努めます。広告プロモーションや広報活動の方向性に悩み中の場合はご相談ください。

ACCESS

オルタナクリエイツ - ALTERNA CREATES -

<OFFICE & STUDIO>

〒466-0027
名古屋市昭和区阿由知通5-11-3 サン桜山ビル3F東

不定休

※不定期的に不在になることがございます。また、撮影中・打ち合わせ中・写真教室中などは対応させていただくことが難しい場合がございます。オフィスへのお越しはどうぞご予約ください。

小さなオフィス兼スタジオではございますが、オルタナティブ・ミュージックを流しながら皆さまのお越しをお待ちしております。

CONTACT

お問合せ・ご依頼は以下よりご連絡ください。



PHOTO / DESIGN / WEB / PHOTO LESSON / & CONSULTING
ビジネスに、「クリエイティブ戦略」を。

© ALTERNA CREATES 2016-2018