オルタナ広告研究部

「バンクシーって誰?展」を観てきました。
– なぜ、バンクシーが”多くの”人々を惹きつけるのか?の考察。

バンクシーって誰?展
 
 

久々に仕事で東京に来たので、空き時間に天王洲の寺田倉庫で開催されている「バンクシーって誰?展」に行ってきました。

コロナになってから初東京です。

 
寺田倉庫の展示は個人的に好みのものが多く、以前はデビットボウイ展にも来ました。
クレイジーなエリアです。

 
 
バンクシーって誰?展 中村倫也さん 音声ガイド
 
 

せっかくなので中村倫也さんの音声ガイド付きで見させていただきました。

最近の音声ガイドは自分のスマホで聞くんですね。AirPods持っていっていて良かった。
中村倫也さんが耳元でバンクシーについて語ってくれて本気で惚れそうになりました。(←みなさんご注意です。)

 
 

『バンクシーって誰?展』中村倫也さん出演 テレビCM映像(30秒)

 
 
 

なぜ、バンクシーが”多くの”人々を惹きつけるのでしょうか?

この”多くの”というのがミソだと思います。しかもアングラ的な作品で。
 
 
バンクシーって誰?展
 

バンクシーって誰?展
 
 

違法性・ミステリアス性・サプライズ感・メッセージ性・分かりやすさ、そして美しさなど、惹きつける要素としては様々あると思いますが、
マーケティングの目線で(下世話に)あえて言うのであれば、この戦略は「ブランディング」手法の参考にもなり得ます。
 
単純に真似しようったってそうはできないし、もちろんガワだけ真似てもアイデンティティまでは真似できません。素晴らしいブランディング。
 
 

バンクシーって誰?展
 

バンクシーって誰?展
 

バンクシーって誰?展
 
 

個人的には、バンクシーが「世間に向けた社会風刺も含めたメッセージをどう表現してどう発信するか」という頭の中とアクション方法に一番興味を惹かれます。
 
違法な行為ではあるためもちろん勧められないですが、このような「表現を考え・創る能力・魅せる能力」がこれからのどんなビジネス、どんな職種の方にも非常に大切だなと、いつもの職業病が発生してしまいました。

 
 
バンクシーって誰?展
 

バンクシーって誰?展
 

バンクシーって誰?展
 
 

ぜひ、メッセージをいつ・どこで・どうやって表現しているかに注目して、中村倫也さんの音声ガイド付きで見ていただきたいです。
見方によっては法人の社員研修にもなると思いました。福利厚生でチケットが支給されたり研修で連れて行ってくれる会社があっても面白いですよね。今度の社員研修はバンクシー展集合で、とか。ないかな?
 

ちなみに最近の展示は撮影OK(一部を除く)なものが多いので、個人記録としても残せてありがたいです。

 
 

余談ですが、寺田倉庫のある天王寺エリアも好きです。散歩したくなる。撮影でもよく使われます。
 

バンクシーって誰?展 寺田倉庫

 
 
 

このあと、六本木の国立新美術館で開催されている「庵野秀明展」にも行きましたが、強烈な2展示で心身ともにお腹いっぱいです。
「庵野秀明展」についてはまた今度書こうかなと思います。

 
 

 
▼「バンクシーって誰?展」 〜12月5日(日)まで
※今後は名古屋や大阪でもやるそうです。
https://whoisbanksy.jp/

 
 

 
 
 

About

こんにちは。
オルタナクリエイツです。

オルタナクリエイツは、広告写真家・クリエイティブ戦略コンサルタント(中小企業診断士)の佐治秀保が主宰するクリエイティブ&コンサルティングオフィスです。

「ワクワクするような」をテーマに、経営目線におけるブランディングや広告プロモーション戦略・ビジュアル面の方針策定(ディレクション)・財務分析&数値計画立案をはじめ、撮影・デザイン・コピーライティング・ロゴ制作・名刺・カタログ・Webサイトなどの実制作やビジネス向け写真講座まで、ビジネスの戦略&クリエイティブ・パートナーとして活動しています。

「収益性を向上したい」「ブランド力を高めたい」「従業員の写真撮影スキルを高めたい」などの経営の悩みから戦略を立て、顧客等のステークホルダーからのコミュニケーション(問い合わせ・購買・発注など)を創造するための"ワクワク!"できるようなクリエイティブを創作していきます。



Office & Studio Making Movie

Client Data

「クリエイター」×「中小企業診断士」の目で。

企業の経営戦略に、クリエイティブ戦略が重要視されるようになってきました。
しかし、実際にはクリエイティブについて苦手意識のある企業さんは多いように感じられます。

コンサルタントの国家資格である「中小企業診断士」は約26,000名の登録があるようですが、その中でクリエイター出身は数十人程度しか存在しないようで、まだまだ日本においてはクリエイティブと経営戦略はまだ少し距離があるように感じます。

ビジネスに有効であるクリエイティブな思考を経営戦略の視点に持ってくることで、実は解決できる課題が数多く存在しています。
クリエイターで中小企業診断士という一風変わった肩書きかもしれませんが、「ビジネスの役に立つ」クリエイティブを創出していきたいと考えています。

Profile

広告写真家 / クリエイティブ戦略コンサルタント(中小企業診断士)
ドローン操縦技能者 安全運航管理者

佐治秀保 - SAJIHIDEYASU


名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、(株)NTTデータ入社。約5年間、主に金融機関向けのシステム開発やITコンサル・企画などに携わる。その後、都内広告代理店のコマーシャルフォトスタジオにて広告やファッション写真家として3年間の修行・活動を経て独立。
2010年、バックパッカーで26ヵ国の世界一周。2011年より拠点を地元の名古屋に移し、写真と広告事務所NoThrow(ノースロー)設立。2016年クリエイティブ&コンサルティングオフィスとしてオルタナクリエイツ設立。
プロモーション戦略立案のスキルアップのため中小企業診断士資格取得。
2018年より、(独)中小機構 実務支援アドバイザーとしても活動。

美しいだけじゃない、企業さんのストーリーやコンセプトが伝わるクリエイティブを心掛けています。




Philosophy - 理念

「クリエイティブ戦略」を通じて、ワクワクする世の中を創造すること。




ただ、残念ながら。

ひとつひとつ丁寧にクリエイティブに取り組ませていただいているため、残念ながら年間にお引き受けできる案件数はあまり多くありません。またコスト面も考え、最適な最小人員で取り組んでおります。ただし、お引き受けさせていただいた場合は精一杯お役に立てるよう努めます。広告プロモーションや広報活動の方向性に悩み中の場合はご相談ください。

ACCESS

オルタナクリエイツ - ALTERNA CREATES -

<OFFICE & STUDIO>

〒464-0833
名古屋市千種区大島町2-42-1

CONTACT

お問合せ・ご依頼は以下よりご連絡ください。