オルタナ広告研究部

STRATEGY & CREATIVE.
100の企業があれば、100のプロモーション戦略がある。

 

alternadm2018_9699

 
 

みなさま、明けましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願いします。
 
 
 
TOP画像やWORKSにも掲載しましたが、今年はレコード盤を作ってみました。(もちろんフェイクです 笑)
ボクのインスピレーションはだいたい音楽から受けるので、敬意を込めてあやかってみました。

 
 
 

今年のテーマは「STRATEGY & CREATIVE」。
「戦略とクリエイティブ」です。
 
 
日本の中小企業数の割合はなんと99.7%。いわゆる大企業は0.3%。
日本が元気になるためには中小企業(個人事業主さん含む)が盛り上がることが必要不可欠です。
 
 
ただ、中小企業さんは大企業さんと違い資金や人材・設備などが限られており、しかも不確実性が高まる世の中で今後のビジネスを成長させるには、今ある資源や強みを最大限に活かすための「戦略」の立案が欠かせません。
 
 
ボク自身、昔は何気なく写真を撮ったり、ただの好みかどうかでデザインしたりしていましたが、世の中のビジネスに触れれば触れるほど、広告をはじめとしたクリエイティブには「戦略」が必要であると強く感じてきました。
 
 
「戦略」というと小難しいように思えますが、例えばサッカーや野球などのスポーツでも、昨年将棋界で盛り上がりを見せてもらえた藤井聡太四段や羽生さんも、古くは戦国時代だって、戦略無くして良い勝負をすることはなかなかできません。
 
 
 
100の企業があれば、100のプロモーション戦略があります。
スポーツでもゲームでも、他のチームと同じ戦略で挑んでも上手くいかないですよね。残念ながらビジネスにおいても、「右へならえ」で上手くいっていた時代は終わってしまいました。
 
 
 
========
 
 
 
ではどんなプロモーションをしていけばいいのでしょうか?
 
 
 
これからは、ただ単にキレイな写真やデザインを制作しても大して効果は生まれないかもしれません。
プロモーションツールも増え、一昔前に通じた手法は今は通じなくなっています。この数年の移り変わりは非常に早く、これからはもっと加速していくと予想されます。
 
 
大企業さんは何か商品やサービスを世の中に出す際、当たり前のように戦略(商品・価格・デザイン・プロモーション・販売方法、市場セグメント・ターゲティング・ポジショニングなど)を立てていますが、中小企業さんではどうしても勘に頼りがち&前例に慣いがちの傾向があります。
 
 
グローバル化が進んでいく中で海外の企業が国境を越えてきており、大企業さんも多様化していくニーズに対応すべくニッチな市場に手を伸ばすなど、ライバルはどんどん戦略的になってきています。
 
これからは、そのビジネスに合った商品展開や広告クリエイティブを、「経営戦略」を立てるところから考えることが必要不可欠になります。
そんな時代に柔軟に対応できるよう、オルタナクリエイツではより一層経営面から寄り添い、「戦略を立てたクリエイティブ」を提供できるよう努めていきます。
 
 
 
ワクワクする「クリエイティブ」と「経営戦略」を。
 
 
 
これからの企業のビジネス展開は、クリエイティブ・ディレクション(クリエイティブの方向性を決めること)が成長に大きく影響を与えていくと思います。
この「クリエイティブ」という素晴らしい力を使って、ビジネスを前進できるよう「戦略立案」からお手伝いしていきます。結構本気です。
 
 
ということで、ボクも頑張らないとですね。
経営は勉強すればするほど面白い。広告クリエイティブを追求していくたびに経営戦略の大切さにぶつかり、2016年・2017年は経営に関する勉学に多くの時間を費やしました。
 
出会ってきたどの企業さんのビジネスもとてもドラマチックで、人間くさいところにいつも心踊らされます。AIだIoTだと言っても、やはり人間が関わるドラマはドキドキワクワクします。
余談ですが、池井戸潤さんの作品やドラマはいつも面白いですね。
 
 
 
2018年も「心」を大切にして、写真やデザインは相変わらず、楽しく美しいクリエイティブでお手伝いをしていきたいと思います。
 
 
 
 

クリエイティブとは。

クリエイティブとは、辞書を引くと「創造的」「独創的」という意味がありますが、オルタナクリエイツではビジネスにおけるクリエイティブとは、「人の心を動かすための活動」であると定義づけています。


About

こんにちは。
オルタナクリエイツです。

オルタナクリエイツは、広告写真家・クリエイティブ戦略コンサルタント(中小企業診断士)の佐治秀保が主宰するクリエイティブ&コンサルティングオフィスです。

「ワクワクするような」をテーマに、経営目線におけるブランディングや広告プロモーション戦略・ビジュアル面の方針策定をはじめ、撮影・デザイン・コピーライティング・ロゴ制作・名刺・カタログ・Webサイトなどの実制作やビジネス向け写真講座まで、ビジネスのクリエイティブ・パートナーとして活動しています。



Office & Studio Making Movie

Client Data

「クリエイター」×「中小企業診断士」の目で。

企業の経営戦略に、クリエイティブ戦略が重要視されるようになってきました。
しかし、実際にはクリエイティブについて苦手意識のある企業さんは多いように感じられます。

コンサルタントの国家資格である「中小企業診断士」は約26,000名の登録があるようですが、その中でクリエイター出身は数十人程度しか存在しないようで、まだまだ日本においてはクリエイティブと経営戦略はまだ少し距離があるように感じます。

ビジネスに有効であるクリエイティブな思考を経営戦略の視点に持ってくることで、実は解決できる課題が数多く存在しています。
クリエイターで中小企業診断士という一風変わった肩書きかもしれませんが、「ビジネスの役に立つ」クリエイティブを創出していきたいと考えています。

Profile

広告写真家 / クリエイティブ戦略コンサルタント(中小企業診断士)
ドローン操縦技能者 安全運航管理者

佐治秀保 - SAJIHIDEYASU


名古屋市生まれ。大学卒業後上京し、(株)NTTデータ入社。約5年間、主に金融機関向けのシステム開発やITコンサル・企画などに携わる。その後、都内広告代理店のコマーシャルフォトスタジオにて広告やファッション写真家として3年間の修行・活動を経て独立。
2010年、バックパッカーで26ヵ国の世界一周。2011年より拠点を地元の名古屋に移し、写真と広告事務所NoThrow(ノースロー)設立。2016年クリエイティブ&コンサルティングオフィスとしてオルタナクリエイツ設立。
プロモーション戦略立案のスキルアップのため中小企業診断士資格取得。
2018年より、(独)中小機構 実務支援アドバイザーとしても活動。

美しいだけじゃない、企業さんのストーリーが伝わるクリエイティブを心掛けています。




Philosophy - 理念

「クリエイティブ戦略」を通じて、ワクワクする世の中を創造すること。




ただ、残念ながら。

ひとつひとつ丁寧にクリエイティブに取り組ませていただいているため、残念ながら年間にお引き受けできる案件数はあまり多くありません。またコスト面も考え、最適な最小人員で取り組んでおります。ただし、お引き受けさせていただいた場合は精一杯お役に立てるよう努めます。広告プロモーションや広報活動の方向性に悩み中の場合はご相談ください。

ACCESS

オルタナクリエイツ - ALTERNA CREATES -

<OFFICE & STUDIO>

〒466-0027
名古屋市昭和区阿由知通5-11-3 サン桜山ビル3F東

地下鉄「御器所」駅3番出口より南へ徒歩5〜6分
不定休


※不定期的に不在になることがございます。また、撮影中・打ち合わせ中・写真教室中などは対応させていただくことが難しい場合がございます。オフィスへのお越しはどうぞご予約ください。

※駐車場はありませんので、公共交通機関または近くのコインパーキング(12時間打ち止め600〜700円程)をご利用ください。


古いビル内の小さなオフィス兼スタジオではございますが、オルタナティブ・ミュージックを流しながら皆さまのお越しをお待ちしております。

CONTACT

お問合せ・ご依頼は以下よりご連絡ください。



PHOTO / DESIGN / WEB / PHOTO LESSON / & CONSULTING
「クリエイティブ戦略」で、変化に強いビジネスを。

© ALTERNA CREATES 2016-2019